【得する植木屋さん情報】失敗しない植木屋さん選び

良い業者はこうやって選ぶ

庭イメージ

「植木をたくさん育てたい」

「庭をきれいに彩りたい」

このようにお考えの方へご提案です。
何も分からないところから自分の理想の形にするのには、とても時間がかかりますし、費用もたくさんかかってしまいますよね。
こんなときにご活用いただきたいのが「植木屋さん」です。

良い植木屋さんの判断基準

どのような植木屋さんを選べば良いのか、答えは簡単。“良心的な業者”です。
「当たり前じゃない」と思われた方もいらっしゃるとは思いますが、植木屋という業界にはこの「良心的」な業者はそう多くありません。

日本では古来から庭師という職業が存在しています。
特に京都の造園の歴史は古く、平安京が造営されたとき、すなわち1200年程以前に誕生はさかのぼります。
室町時代などの戦国の世の中を経て、江戸時代にはすっかり専門職としての地位が確立され、武家屋敷や城の庭の松の手入れなどを担当する特別技術職、いわば「特別扱い」を受けてきたわけです。
そのため、現在はサービス業である植木屋のような業種でも、一部には昔ながらの高慢気質の職人が残っており、いわゆる「職人」の集まりである植木屋さんは横柄な人が多いと言われているのです。

良い植木屋さんかどうかを見分ける方法
電話での問い合わせ時、ちょっとした依頼で、それはうかがい知ることができます。
  • 1本からの剪定でも引き受けてくれる
  • 見積もりがしっかりしている(追加料金が発生しない)
  • 依頼者の納得のいくまで何度でも剪定し直してくれる
  • 気を遣わせない(トイレ貸し、お茶だしについて気にしなくて良い)
  • 相談できる(有資格者がいて知識が豊富)
  • 地域密着型(迅速に対応してくれる)
  • 極力科学農薬を使わない
一見「当たり前」のことなのですが、昔ながらの習慣や慣例を打破できない業界の場合、こういったところに格差があらわれてくるのです。

Page Top